ブログ | 江東区、江戸川区のベビーマッサージ&ベビースキンケア教室、RTA指定スクールすまいりーぶうです。

ブログ

赤ちゃんはなぜ夜泣きするの?

  • カテゴリー: ブログ

夜ぐっすり眠る赤ちゃんもいれば、何度も夜泣きをする赤ちゃんもいます。

ママとしては寝不足で体力を奪われてしまうのは本当にしんどいですよね(T_T)

この夜泣きの原因の一つには、

「自律神経」が関係しています。

赤ちゃんの自律神経はまだ未発達。

そのために、朝起きて夜眠るというリズムがついていないのです。

ベビーマッサージでは、気持ちのいいマッサージをしながら緩やかに自律神経を整えてあげることができます。

加えて、心と身体をリラックスさせ呼吸を深める効果も。

自律神経が整うと、便秘の解消や黄昏泣きの軽減にも効果が表れてきますよ。

ベビーマッサージサークルは3月から再スタート予定です(*^-^*)

詳細はこちら

感謝でいっぱいの2016年でした

  • カテゴリー: 新着情報

2016年はとても充実した1年でした。

 

ママ・妻として日々頑張る方たちへ“わたし”であることの大切さを伝える。

ベビーマッサージを通じて、わが子や夫、そして“わたし”を愛することを伝える。

それらを「愛し力」と位置づけみなさまとのご縁を大切にしてまいりました(*^-^*)

想いの届いた方々と、サークル・イベント・資格講座を開催することができ、

年始には達成できるか分からなかった目標も達成することができました!

わたしと関わってくださったみなさまに感謝いたします。

 

現在、産休中ではありますが、今後も頑張ってまいります。

今年一年、ありがとうございました!

詳細はこちら

赤ちゃんの寝かしつけにもベビーマッサージ

  • カテゴリー: ブログ

赤ちゃんの寝かしつけに苦労していませんか?

抱っこで1時間かけて寝かしつけ。

やっと寝てくれたと思ったら、布団に下ろしたら目を覚ます。。。

ガッカリする瞬間ですよね(>_<)

寝かしつけるときに、少しの時間でよいのでベビーマッサージを取り入れてみてください。

心と身体がリラックスして呼吸が深まることで、

赤ちゃん自身が寝る態勢へとなっていきます。

毎日のルーティーンとしてふれあうことで、ママも赤ちゃんも寝入りが楽になりますよ。

詳細はこちら

抱き癖を気にされている方へ

  • カテゴリー: 新着情報

「抱き癖」という言葉を聞いたことがありますか?

ばぁばに抱き癖がつくからと抱っこを止められた経験がある方もいらっしゃるかもしれません。

育児の常識は時代とともに変わっていくもの。

今の育児では、「抱き癖」なんて気にせずにたっぷり抱っこしてあげていいんですよ。

もし、抱っこに負担を感じているのなら、

ベビーマッサージで抱っこ以外のスキンシップ方法を取り入れてみてもいいですね(*^-^*)

たくさん抱っこをしてあげた赤ちゃんが3歳になったとき、どんな成長をしているかについてはHPブログに書いてみましたので、

興味のある方はご覧になってみてくださいね。

詳細はこちら

抱き癖は気にしなくて大丈夫!

  • カテゴリー: ブログ

子育ての常識は、時代とともに変わるもの。

もしかしたら、「抱き癖がつくわよ」とばぁばに言われた経験がある方もいるのではないでしょうか。

ばぁばの時代はそうだった。

でも、今の時代は違うんですよ~と自信を持ってくださいね!

ママが負担に感じなければ、いくらでも抱っこしてあげて大丈夫です(*^-^*)

3歳までたっぷり抱っこをしてもらって心が満足した赤ちゃんは、

その後、手をつなぐことで十分愛情を感じてくれるようになります。

もちろん、わたしとしてはベビーマッサージでのスキンシップも続けて欲しいですけどね。

3児の母の立場としては、ちょっとくらいゴロンと泣かせておくのも有りだと思いますよ♪

詳細はこちら

赤ちゃんに靴下をはかせる前のひと手間に

  • カテゴリー: ブログ

毎日寒いですね(>_<)

赤ちゃんの足もキンキンに冷えていることが多いのではないでしょうか。

少しでも温めてあげようと靴下を履かせてあげると思うのですが、その前のひと手間をご紹介します。

実は、冷えている状態で靴下を履いてもなかなか温まらないんです。

そこで。。。

足の裏の側面をはさむように、ちゅうりっぷのお花の形に両手でシュシュシュシュシュ~っと軽くこすってあげましょう。

※このとき摩擦が起きないように保湿剤やオイルを使用してくださいね(*^-^*)

だんだんとぽかぽか温まるのを感じるはずです。

それから靴下を履かせてあげれば効果的に温まりますよ!

これは大人にも共通して言えることですので、冷え性のママはご自分の足でも試してみてくださいね。

詳細はこちら

赤ちゃんの肌を守るスキンケア方法

  • カテゴリー: 新着情報

HPブログで赤ちゃんのスキンケアについて書いてみました。

*保湿のお話

*清潔にするお話

*肌トラブルの際の受診のお話

を紹介していますので、ご覧になってみてください(*^-^*)

詳細はこちら

肌トラブルは皮膚科へ

  • カテゴリー: ブログ

赤ちゃんの肌荒れに悩むママあるあるをもう1つ。

小児科のお医者さんにお薬をもらっているケースです。

確かに小児科は気軽に行けるお医者さん。

ですが、

決してお肌の専門家ではないのだということは覚えておいてくださいね。

処方されたお薬を塗ってもなかなか改善されない。。。

もやもやを抱える前に、ぜひ≪皮膚科≫のお医者さんを頼ってみましょう。

最初は弱いお薬から処方されるはず。

用法容量はきちんと守って、自己判断で使用をやめてはいけません。

お薬の塗る量であったり、何日後にもう一度診せてくださいねと言ってくださる皮膚科のお医者さんは信用できます(*^-^*)

赤ちゃんのお肌を守るためにかかりつけの皮膚科さんも見つけてみましょうね。

詳細はこちら

お顔も泡で洗いましょう

  • カテゴリー: ブログ

赤ちゃんの可愛いお顔。ちゃんと清潔に保てていますか?

肌荒れに悩むママたちにお話を伺うと、

「目や口にせっけんが入るのが怖くて、顔はお湯で流しているだけです」

という方も多いようです。

心配な気持ちもわかります。

でも、それでは1日の汚れが落とせないまま日々蓄積していってしまう状態に。。。(>_<)

その上から保湿剤を塗っても雑菌に蓋をするようなもの。

しっかりと「清潔」にしてあげることが重要なんです!!

怖がらずに、面積の広い場所から泡を転がすように洗ってあげましょう。

ガーゼなどで擦るのは要注意!摩擦で肌荒れを悪化させてしまうかもしれません。

そして、すすぎ残しのないように、シャワーまたはママの手を使ってしっかりと泡を落としましょう。

清潔な肌に保湿剤を塗れば、また一歩強い健やかなお肌に近づきますよ。

詳細はこちら

冬の乾燥から赤ちゃんの肌を守りましょう

  • カテゴリー: ブログ

赤ちゃんのお肌、カサカサしていませんか?

特に冬の乾燥した空気に触れるお顔。

せっかくのぷにぷにほっぺがカサカサしていては可哀想ですね(T_T)

生後3~4ヶ月を過ぎた赤ちゃんは、10歳頃まではお肌が乾燥しています。

肌機能もまだ未熟なので、乾いた空気と一緒にほこりやばい菌・汗がつくとすぐに荒れてしまうのです。。。

 

そこから守ってあげるには「保湿ケア」!!!

お風呂上がりの保湿に加えて、朝のお着替えのときやお出かけ前にも保湿剤を塗ってあげる習慣づけをしましょう。

それだけでも、木枯らしに負けにくいお肌ができますよ(*^-^*)

詳細はこちら

ページトップへ